カンボジア女一人旅・アンコール遺跡群のツアーに参加!

3連休+1日の有給を使って、女一人旅でカンボジアのシェムリアップへ。2日目は念願のアンコールワットを含む、アンコール遺跡群へ!事前に日本で観光ツアーを申し込みました。

参加したツアー

 

2日目:アンコール遺跡群の終日ツアー

https://www.hotholiday.jp/products/id/2130/

 

3日目:サンライズでアンコールバルーン

https://www.hotholiday.jp/products/id/3135/

アンコール大満喫1日ツアー! アンコールワット・アンコールトム・タプロームへ【昼食・夕食付】

シェムリアップ2日目は、アンコール遺跡群を終日巡るツアー!主な内容は、

・アンコールワットでサンライズ

・アンコールトム観光

・タプローム観光

・カンボジア料理ランチ

・アンコールワット観光

・プレループでサンセット

・アプサラダンスのディナーショー

結構ボリューミーな観光内容で、日本語ガイド付き、ホテル送迎あり、ご飯も2食付き!ホットホリデーのツアーです。値段は、1人での参加でUS$53でした。

このツアー、帰国後に口コミ投稿すると一部キャッシュバックされます。私は写真付き口コミで1,000円クレジットカードカードにキャッシュバックされました。

一生に一度は見てみたいと思っていた、念願のアンコールワットでのサンライズも、観光客の数はものすごかったですが、ツアーなのでちょうど良い時間に到着し、カメラを構えることができました😊

観光客の数がすごい(笑)

アンコールトムもタプロームも、カンボジアの遺跡は幻想的でどこも行けて本当に良かった!

プレループからのサンセットも感動的…✨

アンコールワットを空から眺めよう アンコールバルーン

3日目の観光ツアーは朝のみで、サンライズでアンコールバルーンに乗車。朝、ホテルにトゥクトゥクで迎えに来てもらって、アンコールバルーンへ。アンコールバルーンはアンコール遺跡のパスが必要ないので、遺跡巡りしない日に行ったら良いかもです。私は2日目のみ遺跡観光だったので、アンコール遺跡群の観光パスは1日券で済みました。

市内ホテルから、アンコールバルーンまではトゥクトゥクで20分くらい。昼間はとても暑いんですが、11月下旬の朝は思ったより冷える。トゥクトゥクで風を受けると肌寒いので、薄めのパーカーが役に立った!

アンコールバルーンはカッパドキアやエジプトの気球とは違い、地上とロープで繋がっており、上下するだけです。風が強いと飛ばさない日も多いみたい。安全にはかなり気を配っている印象でした。数名で乗り込み、約10分間の空の旅へ。サンライズで乗る時は、太陽が出るちょうど良い時間に合わせて上げてくれます。

参加日はけっこう空が曇っていて、上がっても綺麗に見られないかもしれないから、上るかやめるか選んで良いとのこと。せっかく来たので、上ることに。もしやめたら、トゥクトゥク送迎運転代を引いた額が返金されます。

いよいよ空へ

バルーンに乗り込み、ゆっくりと上がっていきました。天気にもよりそうだけど、ガタガタしなくて快適。数分で地上200mに着くと、シェムリアップを綺麗に見渡せて、とっても気持ち良い。ただ、想像よりアンコールワットは離れていました。望遠のズームレンズじゃないとなかなか遠め。

10分間空から、アンコールワットとシェムリアップの街並み、サンライズを眺めて、降下。バルーンから降りたら、トゥクトゥクのドライバーさんにまたホテルまで送ってもらいます。市内ホテルに午前中にまた帰ってこられるので、朝アンコールバルーンに乗っても、このあと1日がっつり観光もできますよ!

このツアーも先ほどの終日ツアーと同様に、帰国後の口コミ投稿でキャッシュバックされます。金額も同じく写真付きで1,000円キャッシュバック。

さいごに

ホットホリデーのシェムリアップ観光ツアー、どちらも良かったです。特に終日ツアーは一人旅参加者も多くて、全然気まずくない!ツアーの値段自体がリーズナブルな上に内容は充実しているので、個人的に満足したし、キャッシュバックも嬉しい。

参加したツアー

2日目:アンコール遺跡群の終日ツアー

https://www.hotholiday.jp/products/id/2130/

一人旅価格:US$53(約6,110円)

 

3日目:サンライズでアンコールバルーン

https://www.hotholiday.jp/products/id/3135/

一人旅価格(朝日鑑賞・トゥクトゥク送迎):US$40(約4,610円)

アンコールワット内の観光。ラピュタの世界観

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です